明石市の次亜塩素酸水の配布、魚住町は5月30日!

お知らせ

明石市は5月7日よりテーブルやドアノブなどの除菌に使える弱酸性次亜塩素酸水の市内での配布を順次開始します。

弱酸性次亜塩素酸水は手や指などに付着しても害はありませんが、除菌したい物に使用してもらう想定で製造されているようです。

そのためアルコール消毒液のような速乾性はないのでご注意ください。

魚住町では5月30日(土)に魚住コミセン・魚住東コミセンの2ヶ所にて11時〜15時(なくなり次第終了)の間、市内在住者または在勤者であれば1人500ミリリットルまで配布されます。

ペットボトルなどの容器を持参するとともに、弱酸性次亜塩素酸水は日光に当たると効果が薄まるため、容器を入れる紙袋などの持も勧められています。

参照【新型コロナ】次亜塩素酸水を無料で配布します/明石市

コメント